ピアノ 買取の見積・査定についてナビゲーションします

ピアノ 買取 NAVI > 用語集 > フレーム

用語集

フレーム

ピアノの蓋を開いてみましょう。
たくさんの弦と金色のフレームが目に付くでしょう。

フレームは金属でできていて、それが強力な弦を支えています。

どのくらい強力なのかと言いますと、
グランドピアノの場合、
弦一本あたり、70〜80Kg程度の力です。

弦は全部合わせて230本ぐらいですから、
大人の300人分以上の力ということになります。

大変な力がかかっているわけです。

フレームは発明された当初から金属だったわけではありません。
18世紀に作られた初期のピアノは、
チェンバロと同じ木製の枠組みでした。

それから様々な人の要求によって、
ピアノの構造がどんどん改良し進歩していきます。

その中の一つに大きな音を出せないかということでした。
大きな音を出すには、弦を増やすことと強力な弦の張力でした。

それは木製では、その要求には応えられませんから、
20世紀から金属製を採用するようになったのです。

ずーと弾かないままになっているピアノでも、
ずーっと弦を力一杯ひっぱり続けていると思うと、
ピアノさんご苦労様です・・と思いませんか。