ピアノ 買取の見積・査定についてナビゲーションします

ピアノ 買取 NAVI > 買取金額を高くするために > 湿気、ほこり、直射日光を避けましょう

買取金額を高くするために

湿気、ほこり、直射日光を避けましょう

ピアノという楽器は、湿気に弱いです。


金属と木でできている楽器ですから想像付くと思いますが、
湿気のせいで最悪、サビやカビがはえてくるとも限りません。
風通しの良いところに置いておくのがよいです。
晴れた日には、たまに蓋を開けて内部の空気を入れ換えましょう。

ほこりも大敵です。
ほこり、汚れでピアノの音が悪くなってしまう恐れがあるのです。

ピアノについたほこりは、
ピアノ用の羽毛か、やわらかな布で軽くふきとります。


直射日光も避けましょう。
直射日光が当たるようなところは、
温度差が激しい場所ですから、
外装が痛んだりや、調律が狂ってしまいます。
ピアノの寿命が確実に短くなります。

ただし家庭で長年ついてきた自然なキズ、いわゆる「生活キズ」などは
そんなに気にする必要はないようです。

中古ピアノを再生する際に、細かいキズは直してしまいます。